郵便局での引っ越し手続き

あたりまえですが、引っ越しっぱなしでは、新住所へ郵便物は届きません。
そこで、郵便局に「転居届」を出しておくことになります。
そうすると、引っ越しても1年間、郵便物を新しい方の住所に転送してくれます。
引っ越しの忙しさにかまけて、つい忘れてしまいがちになるかもしれませんが、郵便物が受け取れないなどのトラブルを避けるためにも、確実に済ませておきたい手続きです。

転居届は、郵便局に常備されているので、もらってきて必要事項を記入します。
記入すべき内容とは、届出の年月日、新旧の住所、世帯者名(法人なら事業所名)、転居者全員の氏名、世帯の全部か一部かの転居の内容、転送の希望開始年月日、届出人氏名、押印です。

届出時には、本人確認のための運転免許証や健康保険証などの書類と印鑑が必要となるので、忘れずに用意しておきます。
申し込みは、郵送でも、インターネットで「e転居」というホームページ上からでもできます。
ただ、この場合、後日確認のため郵便局から係員が訪問することもありますが、確認が取れれば手続きは完了です。

郵便物の転送は延長も可能。

申し込み内容に問題がなければ、希望通り1年間郵便物を新居の住所に転送してくれます。
希望すれば、1年後でも、郵便局に改めて転居届を提出すれば、さらに1年間転送してくれます。
引っ越しに当たっては、転居通知を出したり、電話したりなどの方法で通知するのが一般的でしょう。
それでも、人間のやることですから、必ず漏れが生ずるものです。
また、通知したにもかかわらず、古い方の住所にあてて送る人も必ずいるものです。
それが、郵便局に転居届1枚出すだけで、引っ越し後も転送してくれるのですから、使わない手はありません。

引越し料金、無料一括見積もり〜最大50%オフ

引越しを業者に頼むなら「相見積もり」が必須。
それならば複数の業者に一括で見積もりができます。
一括見積もり手続きは、インターネットでわずか1分。
たったそれだけの手間と時間で最安見積もりを獲得することができます。
まだ引っ越し業者が決まっていないならば、やっておいたほうが後悔しないと思います。
一括見積もりについて詳細情報は→こちらをクリック!

引っ越し・転居.comメニュー

引っ越し・転居.comリンク